免疫力と基礎体温

足が冷える原因は?ツボやグッズなど9個の対策を知って冷え性を改善しよう

冷え性の人にどこが冷えるかと聞くと、多くの人が手足の先と答えます。なぜ手先、足先が冷えるのでしょうか。特に冬は足の先が冷えて眠れないという人もいるほど、足の冷えは冷え性の人にとっては深刻です。今回はそんな足の冷えについて解説していきます。

2018年02月06日更新

Hiroko (カラケア編集部)

  • fb
  • line

[1]足が冷えるのはなぜ?考えられる6この原因

血流が悪くなって足が冷える

血液の流れは正常だと、血液が身体中に循環して熱を全身に運ぶ役割をします。しかし、血流が悪くなると身体の中で血が一番必要な場所から優先的に流れるようになります。
心臓や臓器などから一番離れた手足の先は優先順位が低いため、血の巡りが悪くなります。そのため、手足の先に血が行き届かなくなってしまい、冷えてしまいます。

筋肉量が少ないと足が冷える

運動をすると筋肉が動き、熱を持ちます。そして筋肉の中を流れている血管が温まり、その温まった血液が身体の中を流れて身体を温めます。
女性に冷え性が多いのは、男性よりも筋肉量が少ないからです。また、運動不足で筋肉量が落ちている人も冷えを感じやすくなっています。筋肉はポンプの役割をするので、温めた血液をポンプのように全身へと循環させるために筋肉が必要なのです。しかし、運動不足や無理なダイエットで筋肉が落ちてしまっていると、この役割を充分に果たすことができず、冷えにつながってしまうのです。

基礎代謝が低下して足が冷える

栄養や酸素は血液に乗って全身に運ばれます。しかし、血液の流れが悪くなると栄養や酸素が全身に行き届かなくなり、血流が悪くなると老廃物が流れず、滞ってしまうため代謝が悪くなります。内臓にも老廃物が溜まり、働きも悪くなってしまうため冷えにつながるのです。

自律神経が乱れて足が冷える

自律神経は人の身体の動きと非常に密接な働きを担っています。息をすること、心臓を動かすこと、汗をかくことなどに自律神経が関わっています。
最近は夏はどこへ行っても冷房が効いていて、自宅でも冷房を効かせた部屋で過ごす人が増えています。このような生活をしていると、汗をかかなくなり自律神経が上手く働かなくなってしまいます。自律神経が乱れると、体温調整が上手くできなくなり、身体が冷えても体温を上げようとする力が弱まるのです。

甲状腺ホルモンの低下で足が冷える

甲状腺ホルモンはタンパク質などの栄養素の合成を促して、新陳代謝を高める働きがあります。また、自立神経の交感神経を活発にして内臓の機能を整えます。もしも甲状腺ホルモンの分泌が低下すると、代謝が悪くなって冷え性や低体温、便秘やむくみのような症状が出てくる恐れがあります。

靴下の重ね履きなどで身体を締め付けて足が冷える

寒いからと、靴下などを重ねて身体を締め付けると血行が悪くなります。血行が悪くなると冷え性の原因につながるので、重ね着をする時は締め付けない服や靴下を着用するようにしましょう

[2]足が冷えている時にすぐできる5つの温め方

足をぶらぶらしたり足の指を動かす

足が冷えてしまったら、足に通っている血の巡りをよくするために足を動かしましょう。椅子に座って、足を浮かせて膝から下をぶらぶら動かします。また、足の指をぎゅっと縮めたりぱっと開いたりします。足でグーパーをする感じです。普段動かさないところを動かすことで、血行を良くする効果が期待できます。

足のツボをマッサージして冷えを改善

  • すね骨の後ろにあるツボ「三陰交(さんいんこう)」
  • 足のくるぶしの上から指4本分ほど上にある、すねの骨の後ろのツボです。三陰交のツボに左右の親指を重ねて少し痛いと感じるくらいの強さでゆっくり押します。深呼吸をしながら、息を吐いて10秒、息を吸いながら10秒、左右の足を押します。コツは押す時に強すぎないことです。この部分に熱めのシャワーを当てて刺激しても効果が期待できます。

  • 足の甲にあるツボ「八風(はっぷう)」
  • 足の甲にあるツボで、足の指の付け根部分です。5本指の付け根部分を順番に親指と人差し指でつまんで、少し強めに押しながらもみます。指の付け根をつまみ、押したらゆっくりと足の指を指先に向かってつまみながら引っ張ってゆっくり離します。一箇所10回くらい行いましょう。両足を刺激しても温かくならない場合は繰り返して行います。

  • 足の裏にあるツボ「湧泉(ゆうせん)」
  • 足の裏にあるツボで、土踏まずの少し上あたり、足の指を曲げるとへこむところです。両手の親指を重ね、深呼吸をしながらツボをゆっくりと強く押します。息を吐きながら5秒、吸いながら5秒押します。お風呂上がりで身体が温まっている時に行うのがおすすめです。

足湯やシャワーマッサージで足の冷えを改善

足の先に冷たい水と熱いお湯を交互にかけると、自律神経が刺激されて血管が鍛えられます。その結果、血行がよくなって足先を温める効果が期待できます。
方法は、足先だけに(足の甲にはあてない)40~43度ほどのシャワーを約1分程あてます。その後、洗面器に入れた水に足先だけをつけます。これを数回繰り返して、最後は温かいシャワーを足先にあてて終わりにします。

3つの首とふくらはぎを温めて足の冷えを

寒さを防ぐためには3つの首を温めとよいとされています。「首」「手首」「足首」の3箇所を温めるのです。この3箇所には太い血管が通っているため、温めることで血管が温まりその温まった血液が全身をめぐります。

足の冷え対策グッズを使う

根本的な改善にはなりませんが、足を温めるグッズはたくさん売っているので、すぐ温めたいときに使用するのもいいのではないでしょうか。レッグウォーマーや5本指靴下で素材がウールのもの、夜眠る時に布団の中に入れる湯たんぽなど、足先を温めるグッズを活用するのもいいのではないでしょうか。

[3]普段からできる足を冷やさないための4つの対策

筋肉量を増やすために運動をする

冷え性の改善には筋肉をつけることが有効です。筋肉をつけるといっても、激しい筋肉トレーニングなどではなく、毎日の生活の中でできることをすればいいのです。

その一つとして、「スクワット」がおすすめです。筋肉は下半身に多く存在しているため、下半身を鍛えることで筋肉量がアップします。また、「第二の心臓」とも言われるふくらはぎの筋肉量が低下すると血液を心臓へと促す力が弱まり、血行不良となり、足先の冷えにつながります。そのため、足の筋肉をつけることが大切なのです。
そのふくらはぎを効率的に鍛える方法は、まず足を肩幅くらいに開き、ゆっくりかかとを上げます。そして、3秒~5秒ほどそのままの状態で止まり、ゆっくりかかとを下ろし、床につけます。これを繰り返すことでふくらはぎの筋肉が鍛えられ、血行を良くする効果が期待できるのです。

身体を温める食べ物を摂る

食べ物の中には、身体を温めるものと冷やすものがあります。身体を温める食べ物は、根菜類や北の方で採れた食材です。根菜類の中でも生姜は身体を温める効果が期待でき、料理として使うこともできますし、薬味で使うこともできます。また、紅茶の中にすりおろした生姜を少し入れて飲むことで身体を温める効果が期待できます。

夏でも湯船に使って身体を温める

冷え性改善のためにも、夏でもシャワーで済ませずに湯船につかるようにしましょう。身体の芯から温めて、血行を良くする効果も期待できます。

生活習慣・食生活を規則正しくする

人の体温は寝ているときに低くなります。朝、起きて朝食を食べることで血糖値が上がり、少しずつ体温が上がっていくようになります。しかし、朝食を食べずに1日をスタートすると体温が低いままの状態でいることになってしまうので、朝は太陽の光を浴びて、朝食をしっかり摂りましょう。

[4]足の冷えの原因を知って改善しよう!

足の冷えの原因をいくつかご紹介しました。しかし、足の冷えは身体の中に潜んでいる病気が原因という場合もあります。おかしいと思ったらすぐに病院で受診することをおすすめします。足の冷えは辛いものです。自分でできる対策をいくつか挙げましたが、身体の中から冷え性を改善して足先だけでなく、身体全体の体温を上げることが健康に繋がりますので、まずはできることから始めてみませんか?

  • 関連するキーワード