免疫力と食事・サプリ

微細藻類ユーグレナを継続摂取することで関節リウマチ症状が緩和されるメカニズムが明らかに!

株式会社ユーグレナは、ミドリムシこと「微細藻類ユーグレナ」(以下ユーグレナ)粉末やユーグレナ特有の機能性成分であるパラミロンには、免疫細胞の分化を抑える働きがあり、摂取することで関節リウマチ症状が緩和効果が期待できるということを確認しました。

2018年02月16日更新

Hiroko (カラケア編集部)

  • fb
  • line

[1]ユーグレナ粉末とパラミロンの摂取は関節リウマチ症状の緩和に有効か?

免疫細胞が自己の組織に対して過剰に反応することによって、関節が炎症を起こす自己免疫疾患の「関節リウマチ」は自己免疫疾患の一種です。

株式会社ユーグレナは、ユーグレナ粉末もしくはパラミロン(グルコース分子がβ_1,3_結合によって直鎖状に重合した多糖体のこと)をマウスに経口摂取させると、関節リウマチの重症度を示す関節炎スコアが減少することを2015年11月16日に報告しています。
今回はこの結果をもとに、関節リウマチ症状の緩和が、ユーグレナ粉末またはパラミロンの摂取によるものかということに関して、そのメカニズムを解明する研究を行いました。

[2]研究の内容と結果

研究内容

マウスの皮下にコラーゲンを注入し、関節リウマチを誘発します。発症してから毎日計24日間、片方のマウスには、ユーグレナ粉末またはパラミロンを食事と一緒に自由摂取させ、もう一方のマウス(コントロール群)には食事のみを与えます。この両方のマウスからリンパ球から作られるサイトカイン(生体内で免疫の伝達を行うタンパク質。免疫細胞の活性化、機能抑制を担っている)の分泌量を測定しました。

研究結果

研究の結果、食事と一緒にユーグレナ粉末およびパラミロンを摂取していた群では、食事のみ摂取していたコントロール群と比べて、リンパ球から作られるサイトカイン3種において分泌量の抑制が認められました。
この結果により、ユーグレナ粉末やパラミロンを摂取することによって、主にパラミロンの働きにより免疫細胞の分化が促され、関節リウマチ症状が抑えられたと思われます。

[3]ユーグレナ粉末で関節リウマチ症状の緩和!今後も研究開発を続ける

株式会社ユーグレナは、藻の一種であるミドリムシ(学名:ユーグレナ)を活用した化粧品や食品を販売、バイオ燃料の研究開発を行っている会社です。「人と地球を健康にする」というスローガンを掲げ、日々研究に勤しんでいます。

今回の研究の成果は、学術雑誌「PLoS ONE」オンライン版(アメリカ)に2018年2月1日、掲載されました。今後も株式会社ユーグレナは、医療分野等で微細藻類ユーグレナが役立てるよう、また食材としても喜んでいただけることを目指して、研究開発を行っていくということです。


出典:PR TIMES 微細藻類ユーグレナの継続摂取により、免疫細胞の分化が抑制され、関節リウマチ症状の緩和効果が示唆されることを確認しました

  • 関連するキーワード