【管理栄養士監修】LPSは海苔からも摂取できる!話題の免疫ビタミンを摂取して健康な身体になろう!

メディアでも話題のLPS(リポ多糖)は、人体の免疫力をアップさせる成分。植物や土壌に含まれるLPSは、空気中に浮遊することもありますが、食べ物から摂取できたり、漢方薬やクリームなどの医療品や化粧品としても加工されています。今回はLPSの免疫効果と、LPSが摂取できる食材のひとつ、岩海苔についてご紹介します。

【監修】KUMIさん(管理栄養士)

LPS(リポ多糖)の何がすごいの?

LPS(リポ多糖)とは、体内の自然な免疫力を高めてくれる免疫ビタミン。LPSの働きで、さまざまな病気の予防や改善ができることが分かっています。

LPS(リポ多糖)の何がすごいの?

免疫力アップで病気予防

年齢を重ねると、自然と免疫力は落ちていきます。また体が疲れている、冷えているだけでも免疫力が落ちます。免疫力が落ちると、風邪をひきやすくなったり、だるさがあったり、便秘や下痢、肌荒れなど、気になることが出てくるでしょう。回復も遅く、長引くのも免疫力の低下によるものです。

マクロファージは白血球のひとつ。病気を予防してくれるマクロファージを応援するためにもLPSは必要な成分です。

風邪などの感染症予防

LPSを摂取すると、マクロファージが活性化し、ウイルスを殺してくれるので、風邪などの感染症予防に役立ちます。LPSはインフルエンザワクチンの働きもサポートしたり、風邪症状が出てからでもLPSの摂取による改善効果はあるそうです。

がんなどの予防

マクロファージなどの免疫細胞は、がん細胞を見つけると攻撃を始めます。そのデータを獲得免疫という別の免疫細胞が受け取り、がんへの攻撃力が強い「キラーT細胞」へ出動命令が出されます。キラーT細胞が確実に動くためにも、マクロファージは重要な役割。LPSはマクロファージを活性化させるので、がんなどの予防に役立つと効果が期待されています。

その他、高血圧や糖尿病、骨粗鬆症の予防効果もあるとされています。

アルツハイマー型認知症の予防

脳内のマクロファージは、脳内に蓄積するとアルツハイマー型認知症の原因のひとつとされる、たんぱく質のアミロイドβを排除する力があります。アルツハイマー型認知症の原因はまだ解明されていないものの、マクロファージを活性化させるLPSの活躍にはうつ病予防にも期待がかかっています。

LPSの治す力

病気予防だけでなく、症状を回復させる力もあるLPS。どのような症状に効果があるのか、以下に見ていきましょう。

LPSの治す力

花粉症の抑制

細菌に抵抗する「IgE抗体(免疫グロブリンE)」が多い人は、アレルギーを起こしやすいとされています。IgE抗体を作っている獲得免疫は2種類あり、それらはバランスをとって働きます。しかし、免疫力が落ちると2種類の獲得免疫がバランスを崩し、片方が活発になることで病気を心配することのない花粉やダニに対抗するIgE抗体を作り出してしまいます。

LPSは2種類の獲得免疫のバランスを保つ作用があるとされ、花粉症抑制効果については、マウス実験でも判明しています。

やけどの改善やアトピー性皮膚炎、美肌効果

やけどの治療には、腸から侵入しやすくなる細菌と感染症を予防する抗生物質が必須です。抗生物質のおかげで腸内細菌が減少するものの、LPSが減ることでマクロファージも活性低下してしまいます。そこで、抗生物質とLPSを摂取すると、マクロファージが活性化し腸内細菌も増加しないことが分かっています。

また、皮膚にある免疫細胞、ランゲルハンス細胞の働きをLPSがサポートすることで、アトピー性皮膚炎の抑制ができるとされています。実際にLPS配合クリームの塗布による実験で、改善の結果が報告されてもいるそうです。美肌効果にもLPSは期待されています。

胃潰瘍、肝硬変などの回復

胃潰瘍は、ストレスやピロリ菌の感染などが原因とされています。LPSの摂取による効果は、マウス実験で胃潰瘍発症の40%程度を抑制できた結果が発表されています。また、過度なアルコール摂取で肝臓が硬くなる肝硬変の治療に関してもLPSが注目されています。

骨髄細胞の中のマクロファージに変わる細胞が肝臓の状態を改善させるというもので、骨髄細胞を移入する肝硬変の治療法に役立ちます。また、あらゆる痛みの緩和効果も期待されています。

岩海苔はLPSを多く含む食材

LPSは、漢方薬や食べ物で摂取可能な成分です。ここでLPSが摂取できる食材をご紹介します。

LPSが摂れる食材

一日の大人のLPS推奨摂取量は、自然免疫応用技研(株)によると、500㎍(マイクログラム)とされています。目安は体重10kgで100㎍なので、体重50㎏の方は500㎍が推奨となります。

※下記に記載のLPS含有量は(株)サクラ・ノーリン参照

LPSが摂れる食材

カスピ海ヨーグルト

カスピ海ヨーグルトに含まれているグラム陰性菌にはLPSが付着しています。一般的なヨーグルトを一緒に食べると、乳酸菌との相乗効果で、より免疫力を高めてくれるとか。

【管理栄養士監修】カスピ海ヨーグルトの効果はあるの?話題となったその効能と作り方について
カスピ海ヨーグルトとは、普通のヨーグルトに比べて粘り気が強く、マイルドな味わいが楽しめるヨーグルトです。便秘改善効果があると言われているため、試しに買って食べたことがある人も多いでしょう。しかし、中には効果なんてないと言っている人もいます。果たして、カスピ海ヨーグルトには効果があるのでしょうか?

金芽米

亜湖粉層という膜が着いている玄米。この亜湖粉層にLPSが含まれています。精米時にはがれてしまう亜湖粉層を、白米に残るようにして精米されているものを金芽米と言います。コンビニの金芽米おにぎり1個で1gに23.0㎍のLPSが含まれています。

【管理栄養士監修】金芽米は白米や玄米に比べて栄養価が高い?その効果や更に美味しく食べられる炊き方
金芽米には最近注目を浴びている免疫ビタミンLPSなど、多くの栄養素が含まれています。またカロリーも白米に比べると抑えることができるため、健康志向の人を中心に、毎日の食事で取り入れる人が多いです。今回は金芽米と白米の違いや、美味しい食べ方などを紹介します。

玄米

LPSが多く含まれている玄米のぬか。玄米があまり好きではない方は、発芽玄米を白米に混ぜてみましょう。1gに10.0㎍のLPSが含まれています。

【管理栄養士監修】玄米に含まれるLPSの量はどのくらい?期待できる効果と炊飯器でできる美味しい炊き方
「白米より玄米の方が栄養価が高い」と聞いたことある人は多いでしょう。実は、玄米にはLPSと呼ばれる免疫力を高める成分が多く含まれているのです。今回はそのLPSの働きについても詳しく説明します。

めかぶ

わかめの根元、めかぶにはLPSがたくさん含まれています。粉末のめかぶだと1gに42.8㎍のLPSが含まれています。

【管理栄養士監修】めかぶの栄養成分には嬉しい効果がある!?体内・髪の毛・肌に良い理由とは
めかぶはネバネバしているのが特徴の海藻です。わかめとは違ってつるつるした食感がするので、それがたまらないという人もいます。納豆に混ぜてネバネバを楽しむ食べ方や、生卵を落として熱々のご飯にかけるという食べ方もおすすめです。このめかぶの栄養と効能はどのようなものなのでしょうか。

レンコン

レンコンはきんぴら30gで52.0㎍のLPSが摂取できます。使いやすい食材ですから献立に活用しましょう。

【管理栄養士監修】LPSが多く含まれている食品は根菜!その中でもおすすめの野菜は「レンコン」
近年、テレビを中心に話題になっている「LPS」という成分ですが、この成分は免疫ビタミンと呼ばれるとても優秀な成分なのです。このLPSがどんな効能を持つのか、どんなものに含まれているのかを解説していきます。この冬、LPSの効能を知って健康維持に役立てましょう。

そば

特に十割そばはLPSを多く含んでいます。十割そばにとろろ、めかぶ、レンコンのすりおろしをトッピングすれば完璧です。100gのそばに290.0㎍のLPSが含まれています。

岩海苔

岩海苔は天然の海苔のことです。板海苔などの原料となっています。佃煮の場合、5gに50.0㎍のLPSが含まれています。

海苔の種類

今回注目するのはLPSが含まれている食材、岩海苔。ここで海苔の種類についてご説明します。市場に出ている海苔の加工品の原料は、ウシケノリ科という分類の藻でいくつか種類があります。青海苔などはアオサ科という別の分類になり、ここでは割愛します。

海苔の種類

ウップルイノリ(岩海苔)

「うっぷるい」と発音する島根県出雲市島根半島の「十六島」地区で特に獲れる天然の岩海苔。岩海苔は天然物で養殖海苔より高価です。市場に出回っている加工品に使用されています。

スサビノリ

湾よりも外洋に面したエリアで生育する海苔ですが、今では日本や韓国などで養殖が進んでいる海苔。流通しているほとんどの海苔がこのスサビノリです。

マルバアマノリ(岩海苔)

千葉県外房、瀬戸内海、伊豆諸島など外洋に面した岩などに付く岩海苔。板海苔などに加工されて流通しています。

アサクサノリ

江戸湾で養殖され始めた海苔。しかし病気や汚染に弱く養殖は有明海、千葉県木更津などに限られています。あまり出回っていません。

オニアマノリ(岩海苔)

千葉県以南や瀬戸内海、九州で採れる獲れる天然の岩海苔で、アマノリとは甘みがあるという意味。特産物として高価なものになりつつあります。

カイガラアマノリ

東京湾・伊勢湾・大阪湾・瀬戸内海などで二枚貝の殻に着生する海苔。希少なアマノリで山口県では養殖が進められています。流通はなく山口県で利用されているようです。

ツクシアマノリ

和歌山県などで外洋に面した岩につく海苔。硬めで青海苔のような香りが立ちます。和歌山県では板海苔などに加工されていますが、市場には出回っていないでしょう。

岩海苔の栄養成分

岩海苔の栄養成分

岩海苔はLPS以外にもタンパク質、食物繊維、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB2、カルシウム、βカロテン、アミノ酸、葉酸、パントテン酸、ナイアシンなどが豊富で低カロリーです。文部科学省が発表している日本食品標準成分表では、アマノリの干し海苔と比べて、岩海苔は鉄分が5倍、ナトリウムは3倍、カリウムも1.5倍と栄養価が高いことが分かります。

参照 文部科学省 藻類(PDF)

岩海苔の加工品

LPSが摂取できる岩海苔。どのように加工されて商品化されているのかご紹介します。

板海苔

岩海苔を細かくして板状に広げて干したもので、黒海苔とも言います。養殖海苔の板海苔より厚みがあります。磯の風味も強いでしょう。

焼き海苔

海苔を洗い、乾燥させてから焼いた海苔で、炙り海苔とも言います。焼くことで風味が豊かでしょう。板海苔同様にさまざまな料理に使えます。

素干し海苔

板状ではなく、洗って乾燥させただけの海苔。味噌汁や麺類のトッピングに利用されています。

佃煮

素干し海苔に砂糖や醤油などを混ぜて甘く煮た保存食。卵焼きに混ぜたりパスタやサラダに応用できます。

味付け海苔

板海苔を砂糖や醤油などで味付けしたものです。シンプルながら白米によく合います。

免疫ビタミンLPSを摂取するなら岩海苔もおすすめ

免疫ビタミンLPSを摂取するなら岩海苔もおすすめ

原料が岩海苔か養殖海苔か分からない商品もありますが、岩海苔は天然物と定義づけられているため、商品名やコピーで岩海苔と表示されている海苔であれば、岩海苔の加工品と言えます。岩海苔はLPSを多く含んでいますから、免疫力をアップさせるためにも、いつもの料理にアレンジして岩海苔の加工品を積極的に摂り入れてみてはいかがでしょうか。

 

KUMI(管理栄養士)

管理栄養士歴20年以上のベテランです。
病院・健診センター・老人ホームでの経験をもとに食事を通した健康づくりに役立っていきたいと思います。
趣味は旅行やズンバ、料理などです。
どうぞ宜しくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました