免疫力と食事・サプリ

2018年5月に「タニタカフェ有楽町店」がオープン!季節の有機野菜を豊富に使ったメニューが充実

この春、タニタカフェで季節の有機野菜を豊富に使ったRakuten Ragriとのコラボメニューのサラダが登場します。タニタカフェは有楽町店のオープンを皮切りに全国展開の予定です。今回はタニタカフェとRakuten Ragriの新しい取り組みについて紹介します。

2018年03月16日更新

Kaede (カラケア編集部)

  • fb
  • line

[1]タニタカフェからRakuten Ragriとのコラボメニューが登場!

タニタカフェの今年の春の新メニューはRakuten Ragriの有機野菜を豊富に使用したサラダです。今回のこのコラボはタニタカフェがRakuten Ragriの野菜の品質の高さに注目し、タニタカフェからの働きかけで実現しました。

コラボメニューの第一弾は、タニタカフェで提供される有機野菜のもち麦サラダボウルなどの季節の有機野菜を豊富に使用したサラダ5種です。この春以降もコラボメニューとして有機野菜を使用したカップサラダなどの商品を開発し、スーパーやインターネットでの販売が予定されています・

[2]健康に気軽に触れることができるタニタカフェとは

タニタカフェはタニタが新しく本格展開を進めている新業態のカフェです。「楽しくておいしい健康」をキーワードにたくさんの野菜を使用したデリメニューやスムージー。カロリー控えめのデザートやこだわりのコーヒーを提供しています。

旗艦店として2018年5月にタニタカフェ有楽町店をオープンし、その後は2023年までに全国で100店舗まで展開する計画です。

[3]新しい形の契約栽培サービスRakuten Ragriとは

Rakuten Ragriは農家と消費者を繋ぐ今までになかった契約栽培サービスです。農作物を販売するのではなく、栽培過程の販売を行っています。

具体的には消費者はRakuten Ragriのアプリを通じて生産者とつながります。生産者は消費者に対して作物の成長の様子を報告をすることで消費者は擬似的に栽培に関わることができます。そして最後にこの過程で生産された作物を消費者へ届けるサービスです。

[4]タニタカフェとRakuten Ragriのコラボで有機野菜が身近な存在に

今回のコラボは、Rakuten Ragriが取り組んでいる有機JAS認定の基準に則った洗浄方法を採用した有機野菜の加工やカットサラダの提供にタニタが着目したことによって実現しました。今後タニタカフェが全国に広がることで、より有機野菜が私たちにとって身近なものになっていくことが期待できます!


出典:PR TIMES 「Rakuten Ragri」、タニタの新業態「タニタカフェ」と食分野で提携

  • 関連するキーワード