小さじ1杯で300mgのEPA・DHAが摂取できる「スーパーオメガ3オイルEPA&DHA」が新発売!

日本水産株式会社(以下、ニッスイ)は、4月5日より「スーパーオメガ3オイルEPA&DHA」の「オリーブ」と「ごま」を発売します。この商品は小さじ1杯で300mgのEPA・DHAが摂取できるオイルです。ここではEPA・DHAとはどんなものか商品と共に紹介していきます。

2018年04月11日更新

免疫力と食事・サプリ

Hiroko (カラケア編集部)

  • fb
  • line

[1]EPA・DHAはどんなもの?どれくらい必要なの?

EPAとは、「エイコサペンタエン酸」の略称で、いわしやさば、あじなどの青魚に多く含まれるn-3系脂肪酸のひとつです。そしてDHAとは、「ドコサヘキサエン酸」の略称で、私たちの体に必要な脂肪酸です。この2つは体内ではほとんど作ることができないので、意識して毎日の食事で摂取する必要があります。

JPHC研究で日本人を対象に健康維持が期待できるEPA・DHAの摂取量を調べたところ、1日900mg以上であることを推奨されていますが、現代の日本人は推奨される量の半分、454mgしか摂取できていないことが分かりました。

[2]ニッスイがEPA・DHAの弱点を克服!

1980年にEPAの疫学調査に参加して以来、ニッスイはその研究・開発を経て事業化に成功しました。そして現在、EPAの医薬品原料や健康食品・特定保健用食品・機能性表示食品などを生産し、販売しています。

ニッスイは、これまでに研究を重ねてきたEPAの加工技術に加え、ニッスイが特許を持っている酸化防止技術を「スーパーオメガ3オイルEPA&DHA」に採用しました。その技術とは、時間が経っても酸化しない処方で、特殊な二重構造のボトルを使用して酸化を防ぎ、EPA・DHAの酸化しやすいという弱点を克服したのです。

[3]気軽にかけて美味しく健康!「スーパーオメガ3オイルEPA&DHA」

今回発売される「スーパーオメガ3オイルEPA&DHA オリーブ」「同 ごま」の2品は、さらっとした口当たりでクセがありません。

スペイン産の厳選した品種のオリーブオイルを使い、圧搾製法で抽出し、低温焙煎した一番搾りのごま油を使用しているため、香ばしく上品な香りに仕上がっています。小さじ1杯をサラダにかけると、300mgのEPA・DHAを摂取することができます

[4]「スーパーオメガ3オイルEPA&DHA」で健康な身体を手に入れよう!

EPAとDHAは人の体に嬉しい効果をもたらしてくれる成分です。EPAは血液をサラサラに、DHAは脳や神経の発達に必要です。青魚に多く含まれるこの2つの成分ですが、旬の脂がのった魚にはより多く含まれています。しかし、旬の魚を毎日食べるというのは難しいでしょう。

そこで、ニッスイが発売した「スーパーオメガ3オイルEPA&DHA」なら毎日簡単に必要なEPAとDHAを摂取することができます。サラダにかけて健康な身体を手に入れましょう!

出典:PR TIMES 「スーパーオメガ3オイル EPA&DHA」2品を発売

関連するキーワード