免疫力と食事・サプリ

メイプルシロップに含まれる有効成分が糖尿病や動脈硬化の発症抑制に期待できることが判明!

パンケーキに欠かせないメープルシロップにはビタミンやミネラル、ポリフェノールが豊富に含むまれています。そんなメープルシロップに含まれるポリフェノールに2型糖尿病や動脈硬化の予防に効果があることが判明しました。そこで今回は意外と知られないいないメイプルシロップの健康効果について紹介します。

2018年05月15日更新

Kaede (カラケア編集部)

  • fb
  • line

[1]メイプルシロップとは?栄養効果や特徴について

メイプルシロップはメイプル(カエデ)の樹液を煮詰めて作った100%天然の甘味料です。特に日本人に不足しがちなカルシウムやマグネシウムなどのミネラルの他、ビタミンやタンパク質、ポリフェノールも多く含まれています

気になるカロリー白砂糖やはちみつに比べて低いのが特徴です。またメイプルシロップは製造の過程で加熱されるため、着色料や添加物を使わない点も嬉しいポイントです。

[2]メイプルシロップに含まれるポリフェノールの健康効果

最近のマウスを使った実験では、メイプルシロップに含まれるポリフェノール抽出物(Maple Syrup Extract, MSx)には肥満を伴う2型糖尿病や動脈硬化の予防に効果があることがわかりました。

2型糖尿病の発症原因の一つが、腸管のバリア機能が低下しているところに細菌が侵入し、炎症が起きてしまうことです。今回の実験ではメイプルシロップに含まれるポリフェノール抽出物が、腸管のバリア機能の低下炎症を抑制する働きがあることが判明しました。

また動脈硬化を引き起こす原因であるLDLコレステロール値を低下させることもわかりました。これらの結果からメイプルシロップに含まれるポリフェノール抽出物は2型糖尿病や動脈硬化予防が期待できると言えます。

[3]毎日の食事にメイプルシロップを活用しませんか?

メイプルシロップは塩味、酸味、辛味、苦味などのいろいろな味と相性がいいと言われています。実は酢、醤油、味噌などの日本の伝統的な調味料ともよく合い、白砂糖やはちみつの代わりに使うことで、料理にまろやかな風味やコクをプラスしてくれます。

同時に日々の食事では不足してしまいがちなビタミンやミネラルを簡単にいつもの食事にプラスしてくれる優れた調味料です。この機会にメイプルシロップを料理に活用してみませんか?


出典:PR TIMES メープルシロップの有効成分ポリフェノール〜2型糖尿病や動脈硬化のような合併症発症の抑制に寄与する可能性が明らかに!

  • 関連するキーワード