免疫力と食事・サプリ

オクラの栄養素や効果・効能!炭水化物と一緒に摂取すると良いって本当?

オクラといえば、ネバネバな食感が特徴的な野菜ですよね。あの独特なネバネバ感が好きという人も多いのではないでしょうか。そんなオクラですが、緑黄色野菜に分類されるほど栄養価が高い野菜でもあります。では、オクラにはどのような栄養素が含まれているのでしょうか。

オクラの栄養素や効果・効能!炭水化物と一緒に摂取すると良いって本当?

2018年06月08日更新

Kaede (カラケア編集部)

  • fb
  • line

[1] オクラに含まれている栄養素と効果とは?

オクラの栄養素や効果・効能!炭水化物と一緒に摂取すると良いって本当?ネバネバしている野菜の中で代表的なものといえば、オクラですよね。そんなオクラは体にいいと言われますが、一体どのような栄養素を含んでいるのでしょうか?

たんぱく質

オクラにはたんぱく質が含まれています。野菜なのに?と思ってしまいますが、たんぱく質には植物性のものもあるので、おかしいことではありません。たんぱく質が体内に入り、分解されるとアミノ酸に変化します。アミノ酸は、筋肉や髪の毛、内臓などを作る働きがあるので積極的に摂取したい栄養成分です。ただし、動物性と植物性ではたんぱく質に含まれるアミノ酸の効果が違います。

なので、オクラのような植物性のたんぱく質だけを摂取するのは不十分です。バランスよく摂取するようにしましょう。

ビタミンC

オクラにはビタミンCが含まれています。ビタミンCは美容には欠かせない成分として有名ですよね。抗酸化作用を持っていたり、免疫力向上を促進させたりといった効果が期待できます。他にも様々なビタミンが含まれていますが、ビタミンDのみ含まれていません。ビタミンDには、血液中のカルシウムやリンの濃度を正常に保つ効果があるといわれています。オクラだけでは栄養不足なので、まんべんなく摂取できるようにしましょう。

カロテン

オクラにはカロテンが含まれています。カロテンとはベータカロテンのことで、強い抗酸化力がん予防に期待ができる栄養成分です。体内に入るとビタミンAに変換され、ニキビ予防などに繋がります。ビタミンAの過剰摂取による健康被害も起きにくいため、安心して摂取できる栄養素でもあります。

[2]オクラのネバネバには栄養素があるの?

つくおき®さん(@tsukuoki)がシェアした投稿


様々な栄養素を含んでいるオクラですが、あのネバネバにはどのような効果があるのでしょうか?そこで、オクラのルーツやネバネバの正体について探ってみました。

オクラはアメリカから来た食べ物だった!

日本の夏野菜として定番なオクラですが、日本へは幕末にアメリカを通して入ってきました。そのため、オクラではなくアメリカネリと呼ばれていた時期もあるようです。原産地はアフリカで、そこからインドや東南アジアなど亜熱帯地域で重宝されています。

オクラは緑黄色野菜に分類される

オクラは緑黄色野菜に分類されます。緑黄色野菜に分類されるためには、100g中にカロテンが600㎍以上含まれていなければなりません。緑黄色野菜と認められている分、オクラは栄養素がたっぷりだということがわかりますね。

オクラのネバネバの正体は?

オクラの特徴といえば、あのネバネバですよね。しばしばオクラのネバネバのことが「ムチン」と呼ばれていますが、実は違います。ムチンは、動物性のものしか発見されていないため、植物性のネバネバをムチンとは呼べないのです。ただ、オクラのネバネバに栄養素があるのは事実です。

[3]オクラの栄養素を摂取する効果的な食べ方とは?

オクラには様々な栄養素があることがわかりました。では、そんな栄養素をしっかりと摂取するためにはどのようにしてオクラを食べればいいのでしょうか。そこで、効果的な食べ方をご紹介します。

水に浸して食べる

uさん(@april4wednesday)がシェアした投稿


オクラの一般的な調理法といえば茹でて食べることですよね。しかし、茹でるのではなく切ったオクラを水に浸して食べるのがおすすめです。なぜなら、オクラにはたくさんの水溶性食物繊維が含まれているからです。

切ってから水に浸すことで、ネバネバな食物繊維が摂取しやすくなります。そのため、できるだけ茹でるのではなく水に浸してから食べるようにしてみてください。

炭水化物と一緒に食べる

水に浸したオクラは、炭水化物と食べるのがおすすめです。なぜなら、約3割ほどの血糖値を抑えてくれるからです。特に、そうめんなどの麺類と一緒に食べるのがおすすめされています。そうすることで、細かく刻んで食べることになりますし、刻めば刻むほどますます食物繊維が摂取しやすくなるからです。

下処理前に刻まない

ただし、オクラは下処理前に刻まないほうがいいこともあります。下処理前に刻んでしまうと料理が水っぽくなってしまうからです。作る料理によって下処理方法を変えるといいでしょう。

[4]オクラのネバネバをおいしく食べよう!

オクラやオクラのネバネバには様々な栄養素が含まれていることがわかりました。夏バテ防止効果も期待できるので、食欲のない日にもよさそうです。ぜひ、日常的にオクラを食べてみてください。

  • 関連するキーワード