免疫ビタミンLPS

LPSでマクロファージを活性化して免疫力アップ!効果的にリポ多糖を摂りいれられる身近な食材とは?

「LPS」は免疫ビタミンとも呼ばれる物質で、免疫細胞のマクロファージに働きかけることで免疫力アップが期待できます。ここでは、免疫力におけるマクロファージの役割や、LPSがマクロファージに作用する仕組み、LPSを摂ることで期待できる具体的な効果などを解説します。

2018年03月15日更新

M.I (看護師)

  • fb
  • line

[1]マクロファージに作用する免疫ビタミン「LPS」

体内に侵入したウイルスや細菌、体内に発生したがん細胞などを攻撃し、病気から体を守ってくれる免疫力。免疫力は私たちが健康的に暮らすうえで欠かすことができない機能です。その免疫力を高めてくれるのが免疫ビタミン「LPS」。
LPSは、免疫細胞のひとつであるマクロファージに作用することで免疫力を高めます。

免疫機能の要となるマクロファージとLPSの関係

免疫機能を司っているのが免疫細胞です。免疫細胞はマクロファージやNK細胞などの「自然免疫系」とT細胞やB細胞などの「獲得免疫系」に分けられます。

体内にウイルスや細菌、がん細胞といった異物が現れたとき、最初に反応するのが自然免疫です。その中でもマクロファージは、異物の侵入を最初に発見し攻撃するだけでなく、獲得免疫に異物の情報を伝達し攻撃を促す、いわば見張り番とも言える存在です。
免疫機能の最前線で健康を守っているマクロファージを活性化することで、免疫力アップが期待できるのです。

マクロファージの働き

マクロファージの働きの中でも特に大きいのが「食作用」です。マクロファージはアメーバのようにくねくねと動きながら体内をパトロールし、異物を見つけると捕らえてむしゃむしゃと食べてしまいます。異物を食べて自身の中に取り込み、酵素での分解・処理を行います。マクロファージという名前には「マクロ(大きい)」「ファージ(食べる)」という意味があり、貪食細胞や大食細胞とも呼ばれます。
マクロファージは、こうして食した異物の情報を一部のT細胞(ヘルパーT細胞)に伝えます。これは「抗原提示」と呼ばれるもので、抗原提示が行われることで獲得免疫が活性化し、第二の攻撃が行われます。

マクロファージに作用して免疫力を高める「LPS」

LPSは、正式名称を「リポポリサッカライド」と言います。栄養素のひとつであるビタミンは、私たちの体の栄養状態を保つのに欠かせないものですが、免疫ビタミンとは、そんなビタミン類にも似て免疫機能を活性化し体の健康を守ってくれる物質です。

この免疫ビタミンがマクロファージに作用することによって免疫力向上に役立つことが、日本の免疫学者杣源一郎(そまげんいちろう)氏を中心とした研究者グループの発見により解明しました。杣源一郎氏の研究グループは「パントエア菌」という細菌の細胞膜表面に付着しているLPSを発見し、それがマクロファージを活性化させる物質であることを突き止めたのです。

[2]「LPS」のマクロファージへの効果とは

マクロファージに作用して免疫力を高めるLPSですが、具体的にどのように作用するのでしょう。LPSの発見者である杣源一郎氏は、LPSがマクロファージに働く仕組みを以下のように紹介しています。

LPSとレセプターが結合し生理的活性化を誘導する

異物の侵入を真っ先に感知するマクロファージには、さまざまな異物の情報をキャッチするレセプター(受容体)が備わっています。複数あるレセプターのうち、「TLR4」と呼ばれるレセプターがLPS専用のレセプターとなっており、LPSが「TLR4」と結合すると生理的活性化が誘導されます。

LPSがマクロファージをプライミング(戦闘準備)状態に誘導する

また、マクロファージは異物刺激を受けると「プライミング」という異物排除の準備状態に入ります。プライミング状態となったマクロファージは異物排除能力が高まり、より効率的に異物を排除し、感染症を予防します。
つまり、マクロファージのプライミング状態を保つことができれば、感染症やさまざまな病気の発症予防が大きく期待できると考えられます。経口摂取で体内に入ったLPSはマクロファージをプライミングに誘導させる作用があることがわかっています。

腸のぜん動運動を促すマクロファージを活性化する

免疫細胞は体の至るところに存在しますが、特に免疫細胞が集まっているのが小腸や大腸などの腸管です。マクロファージも腸管に多く存在しており、腸管に存在するマクロファージは少なくとも2種類あるとされています。ひとつは腸管粘膜下に存在する腸管マクロファージ、もうひとつが腸管の周りの筋肉に存在する筋肉マクロファージです。

近年、腸のぜん動運動はこの筋肉マクロファージが腸管筋肉に働きかけることで制御している、という論文が発表されました。この働きに関係しているとされるのがLPSです。論文では、LPSが腸管神経に働きかけ、その結果分泌される物質が筋肉マクロファージを活性化し、活性化されたマクロファージが腸管神経細胞を活性化する物質を分泌してぜん動運動を誘導する、となっています。
腸のぜん動運動がしっかり行われ腸内環境が整うと、腸に住む免疫細胞も活性化され、免疫力向上が期待できます。

[3] 免疫ビタミン「LPS」を効果的に摂りいれるための身近な方法4選

免疫力が低下すると、ウイルスや細菌、がん細胞を効率的に除去できなくなり、病気の発症リスクが高まってしまいます。健康的な毎日を過ごすためにも免疫力アップ効果が期待できるLPSは意識して摂取したいものです。

LPS(リポ多糖)は身近な食品から摂取できる

LPSが付着しているパントエア菌は多くの植物と共生しています。そのため、LPSを摂取するには植物性食品をとるとよいとされています。
具体的にはジャガイモやサツマイモなどのイモ類、大根やれんこんなどの根菜類、ほうれん草やレタスなどの葉物野菜、りんごやバナナなどの果物などです。農薬を使って栽培されたものだとLPSが付着している菌が農薬によって除去されてしまっている可能性があるので、自然栽培のものがおすすめです。お米やそばなどの穀物もLPSを多く含みますが、お米の場合、精製の時点でLPSを多く含む部分が除去されてしまうので、玄米や雑穀米がよいでしょう。

LPS(リポ多糖)は乳酸菌と一緒に摂ると効果アップ

LPSは乳酸菌と一緒に摂ることで相乗効果を発揮し、より免疫力アップが期待できることが研究によりわかっています。
LPSは「TLR4」、乳酸菌は「TLR2」とそれぞれ異なるレセプターを介してマクロファージに作用します。LPSと乳酸菌を一緒にとると、別々のレセプターから同時に刺激を受けることになるため、効率的に働くようになると考えられています。LPSを多く含む食品をとるときは、一緒にヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品を食べるとよいでしょう。

漢方薬にもLPS(リポ多糖)が多く含まれる

漢方薬にもLPSが多く含まれており、漢方薬の効果の一部はLPSによるものであることもわかっています。漢方薬に用いられる生薬は植物の皮や根から得ることが多く、また、薬草の栽培には農薬を使わないように気をつけているケースが多いことなどから、LPSが付着している菌が多く含まれていると考えられています。

[4]マクロファージを活性化するLPSは意識して摂取を

私たちの健康を守ってくれる免疫力ですが、その力は20~30代をピークに年々低下していきます。加齢だけでなくストレスや不規則な生活、運動不足などでも免疫力は低下するため、特に現代人は免疫力を高めるLPSの摂取が望まれます。毎日の食事を少し意識してLPSを多く含む食品を取り入れてみましょう。

  • 関連するキーワード