身体の不調は運動不足による“免疫の老化”が原因だった?適度に体を動かして免疫力を高めよう!

株式会社ディーエイチシー(以下DHC)は、全国の20歳から59歳までの女性400名に「現代女性の健康と運動に関する意識調査」を実施しました。体の不調の悩みや運動をする時間が取れているか、などの質問からどのようなことが分かったでしょうか。体の悩みや健康状態と年齢はどのような関係があるのでしょうか。

2017年12月12日更新

免疫力の基礎

Hiroko (カラケア編集部)

  • fb
  • line

[1]女性が感じる「3大不調」と運動不足

日常生活の中で感じる悩みとはどんなものか

女性はどのようなことに悩みを抱えているのでしょうか。調査の結果、以下の3つの体調に関する悩みがそれぞれ60%以上の回答となりました。

1. 日常的にストレスを感じている
2. 疲れが取れない
3. 睡眠が充分に取れない・睡眠の質が悪い

体の不調を感じ始めたのはいつ頃からですか

体の不調を感じ始めたタイミングについて、「なんとなく不調を感じる」「風邪などをひきやすくなった」「体力の衰えを感じ始めた」「疲れが取れなくなった」それぞれどのくらいの時期から感じるようになったのか答えてもらうと、40歳を過ぎてから就職してからがほぼ半数以上を占めています。年齢の境目や人生の節目のタイミングが影響していることが分かりました。

健康維持・改善のために運動の必要性を感じるか

自身の健康の維持や改善のために、運動の必要性を感じるかどうかの質問に、48.3%の人が運動の必要性を感じていました。しかし、実際に運動を行っている人は18.8%のみという結果が出ました。運動の必要性を感じながらも実際には運動ができていない人が多いことが分かりました。

[2]健康を意識して定期的に運動しているのかいつから始めたのか

定期的に運動をしているか、またその頻度について

「1ヶ月に1回以上運動する人を定期的な運動実施者」と定義付けて、定期的に運動をしているかを聞いたところ、全体の37.8%の人が定期的に運動をしていると答えました。その反面、運動をすることがほぼないと答えた人は43.5%でした。この結果により、現代の女性が運動不足であるということが分かりました。

定期的に運動している人はいつ頃から運動を始めたのか

敵的に運動をしている人に、いつ頃から運動を始めたのか聞いた結果、1年以上前から継続していると答えた人が66.9%でした。半数以上の人が1年以上前から長期間運動を継続していて、運動をしている人のうち63.6%が運動をすることによって自身の健康が改善されたと感じていました。

[3]定期的に運動ができない理由と本音は?

定期的に運動ができない理由はなにか

62.2%の定期的に運動ができていない人に、その理由を聞いたところ71.3%もの人が「時間が取れないから」と答えました。運動をするためにはまとまった時間が必要だと考えている人が多いということが分かります。

定期的に運動していない人は本当は定期的に運動したいか

定期的に運動ができていない女性に、本当は定期的に運動をしたいのか、また続けたいと思うか聞きました。その結果、「定期的に運動をしたい、続けたいができない」と悩んでいる人が34.9%いました。「なんとなく定期的に運動をしたい、続けたいが続けたい」と思っている人は41.8%でした。定期的に運動ができていない人の76.7%は定期的な運動をして、現状を見直したいと考えているのです。

[4]運動が難しい場合は有機ゲルマニウムの摂取が効果的

薬学博士である石川正明博士は、現代女性の運動不足について以下の様に見解しています。
免疫とは体調をコントロールするものとして重要な役割を担っていて、体内に入り込んでくる異物を排除する機能を持ちます。この免疫の力が低下すると、風邪や下痢などを発症しやすくなってしまいます。

アンケートから、現代の女性は多くの人が運動不足だということが分かりました。そしてその結果、「日常的なストレス」「疲れが取れない」などの悩みが上位を占めています。このような悩みと免疫はとても密接な関係にあり、運動不足の状態の女性は免疫が高齢者のように落ちてしまうという「免疫老化」の傾向があると考えられます。
そして、現代人の免疫が低下している原因の一つとして、腸内環境の乱れも関係しているとされています。腸内環境は食生活や栄養バランスの乱れや慢性的な運動不足によっても悪くな可能性があり、その運動不足は血行を悪くしたり、腸内の活力低下を引き起こす場合もあります。そして、免疫機能不全になることで生活習慣病になったりガンなどの病気の発症にも繋がると言われています。

無理のない運動を行うことは免疫力を高めるために必要なことです。適度な運動はNK細胞やマクロレンズが活性化して免疫力が高められることが証明されています。しかし、今回のアンケート結果から分かるように、定期的に運動をしている人が少ない現代では、運動以外の方法でNK細胞とマクロファージを活性化させることが求められます。そこで、簡単にできる食事の改善方法の一つとして、マクロファージを活性化させる効果がある食材のキノコ類を摂取することや、有機ゲルマニウムの経口摂取などが挙げられます。
これから本格的な冬はウィルス感染などのリスクも非常に高まるので、対策をとる必要性が非常に高まってきます。



参考サイト:運動不足になりがちな冬を前に全国の働く女性400名へ健康と運動に関しての調査を実施

規則正しい生活で健康的な身体になろう

女性も働く今の時代、中々時間がとれず運動不足になってしまいがちです。また、食事もコンビニや外食などで偏ってしまうこともあるでしょう。しかし、何事も健康が第一です。一駅ぶん歩いたり、エスカレーターではなく階段を使ったり…普段の生活でも少しの意識で改善できることはいくらでもあります。規則正しい生活と適度な運動で病気を知らない健康的な身体を目指してみてはいかがでしょうか?

関連するキーワード