【管理栄養士監修】「LPS」は「ぬか」に多く含まれている!?効能を知って毎日の食事にLPSを摂り入れよう

LPSを取り上げたテレビ番組のおかげで、LPSの存在が広く知られるようになってきました。免疫ビタミンとも呼ばれるLPSは、どんなものなのでしょうか。そして、どのような効能があるのでしょうか。LPSのことを知っておくことで、この冬が健康に過ごせるかもしれません。

2018年02月27日更新

免疫力と食事・サプリ

亀崎智子 (管理栄養士)

  • fb
  • line

[1]免疫ビタミンLPSとは?

LPSとは、正式名を「リポポリサッカライド」と言います。免疫ビタミンとも言われている成分です。自然免疫力を高める成分として、近年注目されています。LPSは土や野菜にいる微生物の一つで、元々人の身体には存在していません。このことについて更に詳しく知りたい方は、免疫ビタミンLPSの記事も参考にしてくださいね。

[2]LPSの効能

免疫力を高める成分

免疫力とは、身体に入ってくる病原菌などの異物を「マクロファージ」という細胞が異物を排除する力のことです。マクロファージは血液や筋肉など、身体中に存在しているのですが、ストレスや不規則な生活がその働きを弱めてしまいます。マクロファージの働きが弱まってしまうことで病原菌を退治する力が弱まって病気になりやすくなってしまいます。

このマクロファージの力を強めて、病気になりにくい身体を作る手助けをするのが、「LPS」という成分なのです。この「LPS」を意識して摂取することで免疫力が高まって、風邪やインフルエンザなどの予防が期待できます。

LPSで肌荒れ予防

LPSには、肌のあれを予防する効果があります。免疫細胞は皮膚の中にもたくさん存在しています。LPSを積極的に摂取することで、肌の土台からキレイにしてくれて肌荒れを改善してくれる効果が期待できます。

LPSでアルツハイマー予防

「アミロイドβ」というタンパク質の排出が悪く、脳の中にたまってしまうことで脳の細胞を破壊し、脳が萎縮することで起こる病気です。近年、LPSを摂取することでアミロイドβの排出が促されるということがわかっています。積極的にLPSを摂取するといいですね。

[3]LPSが多く含まれている食品「ぬか」

LPSは玄米のまわりについている糠(ぬか)に多く含まれている

LPSが多く含まれている食品の代表格といえば、玄米小麦などの穀物です。それも皮の部分に多く含まれているので、精米されたものよりも玄米がおすすめです。野菜や穀物の皮に多く含まれているLPSは、お米で言うと「ぬか」の部分に一番多く含まれているのです。

kO_ta🐻💗さん(@wt.t.k)がシェアした投稿

  • 「ぬか」とは

ぬかとは、玄米を精白する時に出る果皮や種皮が砕けて粉になったものを言います。多くは米ぬか油に、あとはきのこの栽培、家畜の飼料、ぬか漬けに使われます。米ぬかは日本では江戸時代から米ぬか油やぬか漬けとして使われてきました。

■米ぬか油
ぬかの利用方法として一番多いのが、米ぬか油です。米ぬかには約20%の油が含まれています。米ぬか油の原料は国産の穀物を使用していますが、家庭で使われる菜種油やごま油の原料は海外からの輸入に頼っています。米ぬか油はオレイン酸を主成分としているので、酸化しにくい油です。

■ぬか漬け
ぬか漬けは江戸時代からありました。ぬか床に含まれている乳酸菌が米ぬかのタンパク質や糖質を分解し、旨味や香りの成分を作り出して野菜に染み込むことで美味しい漬物ができあがります。そして、米ぬかにはビタミンB群などの成分が含まれていて、この成分が野菜に浸透します。

■美容や掃除に利用
米ぬかは、美容や掃除にも利用できます。米ぬかに含まれているビタミンB群には新陳代謝を促す働きがあるので、入浴剤や洗顔をすることで美肌効果が期待できます。また、米ぬかに含まれる油分を利用してお皿を洗ったり、フローリングの床を掃除するという利用方法もあります。

  • 米ぬかの効能

■美肌・美白効果
肌のしみやそばかすは、肌の生まれ変わりの乱れからできてしまうものです。その乱れは活性酸素が原因であると言われています。米ぬかには抗酸化作用の働きがあるため、細胞が酸化することを防いでくれます。肌が酸化しないということで、美肌になり、米ぬかに含まれるセラミドは肌の潤いを保ってくれます。

また、セラミドやフェルラ酸はメラニンの生成を抑える働きがあります。その働きで肌がキレイになり、美肌になるという効果が期待できます。市販の化粧品や石鹸に米ぬかが使用されているので、使ってみてはいかがでしょうか。

■便秘解消の効果
米ぬかには、食物繊維が含まれています。食物繊維には、便秘を解消する働きがあります。腸内環境が悪くなると腸内に老廃物がたまり、肌荒れや免疫力の低下の原因になってしまいます。腸内の老廃物を排出し、善玉菌を増やすために食物繊維を摂るようにするといいのです。

■高血圧の予防効果
米ぬかには、GABAという天然アミノ酸が含まれています。このGABAには腎臓の働きを高めて血圧を上昇させる、ナトリウムを体外へ排出させる効果があるとされています。また、GABAには高血圧の原因にもなる、コレステロールの増加を抑える働きもあります。このため、ぬかを摂取することで高血圧を予防することが期待できます。

■アルツハイマー病予防効果
米ぬかにはフェルラ酸が含まれています。このフェルラ酸は、アルツハイマー病を予防する働きがあります。アルツハイマー病は、アミロイドβというタンパク質がうまく排出されず、脳の中にたまってしまい、脳を破壊して萎縮させてしまうために起こる病気です。フェルラ酸にはアミロイドβの分解を助ける働きがあります。そのため、アルツハイマー予防効果が期待されます。

  • ぬか漬けの効能

米ぬかを使ったもので代表的なものは「ぬか漬け」ですが、ぬか漬けには「植物性乳酸菌」が多く含まれています。乳酸菌は酸に強くて胃で分解されません。菌が生きて腸まで届くので、腸内環境を整える働きがあります。その働きのおかげで腸の免疫力が高まります。また、腸内にたくさんの種類の乳酸菌がある人は、肥満や糖尿病になりにくいとされています。

また、ぬか漬けには野菜に含まれる栄養を倍増されてくれる効果があります。野菜をぬか床に入れることで、野菜の水分が抜けます。その働きで野菜がぬかに含まれる栄養分を吸収します。特にぬか漬けした大根は栄養素の吸収が良く、生の大根の何倍も栄養が高まるのです。

LPSはめかぶ・わかめなどの海藻に多く含まれている

LPSが多く含まれている食品は、めかぶ・わかめです。めかぶやわかめは海の中で成長して、農薬や肥料が使用されていません。自然に近い状態で育っています。わかめよりはめかぶのほうがLPSを多く含んでいます。また、海藻にはヨードが含まれていますが、ヨードには甲状腺ホルモンの働きをよくしてくれる効果があります。甲状腺ホルモンの働きが良くなると元気になると言われています。

LPSは土の中で育つレンコンにも多く含まれている

土の中で育ったレンコンにも、LPSが多く含まれています。レンコンには他に食物繊維やビタミンC、カリウムなどが含まれています。そして体を温める食材としても有名なので、煮物に入れるなどして積極的に食べたい食材です。

[4]LPSの効果を高める食品

LPSは乳酸菌を含むヨーグルトと一緒に食べると、より効果が上がると言われています。風邪のひきはじめなどに、LPSを多く含む食材とヨーグルトを食べることで、免疫力がアップするのでおすすめです。

[5]ぬかに多く含まれるLPSを摂取しよう

LPSの効果的な摂取方法や、多く含まれている食品が何か分かったと思います。ただ、LPSを摂取するだけではなく、食生活を見直すことも大切です。朝ごはんをしっかり食べることで体温を上げることになります。体温を上げると免疫力がアップします。そして、生活の中に無理なくウォーキングなどの運動を取り入れることも、免疫力を上げることになります。意識してLPSを摂取しながら生活も見直して、健康でいられるようにしましょう。

関連するキーワード