免疫力と食事・サプリ

寒い冬におすすめ!身体の芯から温まる「生姜」をふんだんに使用した黄金のスープ鍋が新登場

生姜は身体を温める食材として近年注目されていて、冬になるとスーパーなどに生姜茶などが目立つようになります。東京の田町と五反田に店を構える、居酒屋『虎てつ』では、生姜をたっぷりでニンニクでコクを足したスープで食べるしゃぶしゃぶを提供します。

2017年12月14日更新

Hiroko (カラケア編集部)

  • fb
  • line

寒い冬にぴったりの「しょうが黄金スープの和紙しゃぶ」が新登場

『虎てつ』の人気メニューは鍋の代わりに「和紙」を使った「和紙しゃぶ」です。生姜とニンニクが効いた特製スープの中に、レタスや豚肉を入れてしゃぶしゃぶします。
新商品である『しょうが黄金スープの和紙しゃぶ』は、食材それぞれの成分を分析し、化学と料理を融合したおすすめの一品です。ここでは、生姜の身体への効能と豚肉の効能をご紹介いたします。

[1]生姜の嬉しい期待できる効果とは?

生姜には3つの辛み成分があります。そして、それぞれが身体に有効な役割を持っています。

ジンゲロール(生の生姜成分)

  • 血行不良の改善効果
  • ジンゲロールには血管を拡げる作用があり、血流をよくしてくれる働きがあります。血液は栄養だけではなく、熱を全身に送る役割をしているので、血流がよくなると血行不良による「頭痛」や「肩こり」の改善に期待ができます。

  • 吐き気を緩和する効果
  • 生姜に含まれるジンゲロールには、吐き気を抑える効果が期待できます。そのため、つわりや乗り物酔いにもいいと言われています。

  • 老化防止・免疫作用の向上効果
  • ジンゲロールは抗酸化作用が高いので、細胞が酸化するのを(錆びつく)防いでくれます。このため、老化防止に効果的です。また、ジンゲロールには殺菌作用があるため、風邪や食欲不振にも効果があり、胃腸を整えてくれる効果が期待できます。

ショウガオール(加熱より生成される成分)

ジンゲロールを加熱すると、一部が変化して「ショウガオール」という成分になります。このショウガオールは生の生姜には含まれていない成分です。

  • 全身に血を巡らせて体の芯から温める
  • ショウガオールには身体を芯から温めるという作用があります。ジンゲロールにも血行をよくする働きがあるのですが、ショウガオールの温かさは「芯から」という表現がぴったりです。血を身体の隅々まで行き渡らせて、身体の内側から熱を生成するのです。

  • 抗ガン作用
  • ショウガオールにはジンゲロールよりも強い「抗酸化作用」と「殺菌作用」があるため、抗ガン作用が期待できます。

  • 痛みを抑える・血行不良改善
  • プロスタグランジンという生理物質は、炎症が起こると生成されます。この生理物質の働きを弱める作用がショウガオールにはあります。

  • 美肌・ダイエット効果
  • ショウガオールは新陳代謝を活溌にして血行を改善してくれるので、肌のシミやシワ予防に期待できます。また、腸内で脂肪が吸収されるのを抑制する働きもあるのでダイエット効果にも期待できます。

ジンゲロン(加熱によって生成される成分)

ジンゲロンも、ショウガオールと同様にジンゲロールが加熱によって変化した成分です。

  • 新陳代謝促進
  • ジンゲロンには血行を促進することで、身体を温め冷えを改善するという働きがあります。身体が温まり、体温が上がると代謝が高まって脂肪が燃焼されやすくなります。また、ジンゲロンには便秘改善の効果が期待できます。

[2]豚肉の嬉しい期待できる効果とは?

生姜にはタンパク質を分解する力があります。そのため、豚肉を食べると生姜が消化を助けてくれます。
そして豚肉の栄養素の中で注目すべきなのは「ビタミンB1」です。部位によって差はありますが、その含有量はなんと鶏肉や牛肉の5~10倍近くも含まれていると言われています。この数字は食品全体の中でもトップクラスです。このため、豚肉を100~150g程食べれば1日に必要なビタミンB1の所要量を摂取できるという計算になるのです。
しかし、このビタミンB1は水溶性ビタミンなので、いくらたくさん摂取しても数時間後には尿と一緒に排出されてしまうのです。そこでそれを補ってくれるのがニンニクです。

[3]ニンニクの嬉しい期待できる効果とは?

豚肉に含まれているビタミンB1は、ニンニクにも豊富に含まれています。なんとニンニクには野菜平均の2倍以上のビタミンB1を含んでいます。
ニンニクは独特な香りがしますが、これは「アリシン」という含硫合成物で、これがビタミンB1と結合すると「アリチアミン」という成分に変わります。この「アリチアミン」はビタミンB1と同じ働きをしますが、水溶性から脂溶性に変わります。ビタミンB1は、脂溶性になるとすぐに体外へ排出されることがなく、血中に長く留まってくれるので、効果が長く続くことになります。

他にもにんにくは様々な効果が期待できます。効率的ににんにくの栄養を摂取するためにも正しい調理方法や管理栄養士さんによるにんにくレシピも参考にしてみてはいかがでしょうか?このことについて更に詳しく知りたい方は、にんにくと免疫力の関係についての記事も参考にしてみてください。

[4]レタスの嬉しい期待できる効果とは?

レタスは葉酸を100gあたり73μg含む野菜です。葉酸には、成長の補助・神経細胞の代謝・赤血球合成を助ける働きがあります。葉酸は赤ちゃんの発育にも不可欠な栄養素とされています。



PR TIMES 『生姜(しょうが)の力』を最大限に活かす新発見!身体のための黄金スープ

[5]黄金の組み合わせ『しょうが黄金スープの和紙しゃぶ』

これからのことから、生姜・豚肉・ニンニク・レタスを一緒に食べることで最大限の効果が得られる最高の組み合わせであると言えます。「虎てつ」の自慢の新メニュー『しょうが黄金スープの和紙しゃぶ』は、老若男女問わずこれらの効果得るために是非食べてほしい自慢のメニューとなっています!


【提供店舗】
店舗:虎てつ(コテツ) 五反田店
住所:東京都品川区西五反田2-7-11 intexビル7F
電話:03-6303-9974
HP:http://www.washishabu-kotetsu.com/recruit.html

店舗:虎てつ(コテツ) 田町店
住所:東京都港区芝浦3-6-8 TOKIビル5F
電話:03-6809-4934
HP:http://www.washishabu-kotetsu.com/recruit.html

  • 関連するキーワード